2013年02月10日

3連休の中日ですが、結構だるいです

昨日は土曜という事もあって、殆ど死んでました_ノ乙(、ン、)_

昼ちょっと前くらいに玄米を買いに出かけ、ついでに2月の季節物であるバレンタインデーの準備をしてみました。去年は現場だったので(いやホントに)コンビニで目についたものをパパっと買って、渡すだけで終わり。お返しもまた現場でしたから、コンビニのお菓子であった。
今年は戻ってきたので、久方ぶりにオーガニック&フェアトレードのチョコをばら撒く予定です。
2013021015580000-001.jpg
写真が汚くて申し訳ないですが、左の2枚はPeopleTreeのもの。秋冬限定なので、今年はまとめ買い向きのセットが買えず、ネットで1個づつポチりました。大変であった(;´Д`)真ん中は、HappyNaturalの有機チョコ。まだ試食してませんが、ブルーベリーも有機栽培だそうです。一番端っこは、有名ですがClipperのホワイトティー。ハーブティーの王道ですけど、値段もよろしいので滅多に買いません。が、今年はイライラと心臓バクバクが凄いので「もういい、お茶くらい贅沢してぇよ」と舌打ちしながら大量に買い込みました。チョコが嫌いな人に渡せたらいいかも、と思って余計に買っておきました。尚、写真のは既に開封済み、(゚д゚)ウマーと言いながら既に頂戴しているところです。
これを100均で買った袋に詰めて渡すのが恒例です。準備している時は「内職かよ」と思うほど面倒ですが、組み合わせを考えたりして割と楽しくなってきます。今年頼んだ箱にはなかったのですが、毎年早めに頼むのでフェアトレードのことが書かれたメモが入っています。お子さんがいる人の分には入れたりして、家族で食べながら少し思いを馳せて欲しいなぁと思って。


2013021016010000-002.jpg
何だこりゃ、またチョコだろこれ(#゚Д゚)と思う人がいると思いますが・・・これは自宅用です。左と中央のチョコは有機チョコ、右はキャロブチョコです。季節物のために買ったチョコとは値段として差はないです。絶対的に違うのは、有機材料のみを使用していること・アレルギー対策であること、ですね。キャロブって日本ではたまにお菓子に使うくらいなのですが、キャロブの入ったケーキとかクッキーが好きなんですよ。元々はココアやチョコの代用品または家畜の飼料ですが、アレルギーのある人でも食べられる点が今また注目されています。油脂がカカオ程入ってないし、こってりチョコでないとダメでなければ結構美味しい。極度の豆アレルギーの人は避けて下さいね。キャロブは「いなご豆」と言いますから、所詮は豆です。


手作りする根気がないことを言い訳に、毎年オーガニック&フェアトレード物を準備し続けています。バレンタインデーにチョコを命懸けで送るのは日本くらいですが、社会が多様化しているのを伝える良い機会だと思ってます。お茶とチョコは一番最初にフェアトレードが行われた食品で、ヨーロッパではお茶とチョコに関しては7割がフェアトレード商品。日本で同じ事をしようと思うと大変なのですが、多様化している今は「口にする物が選べる立場」に消費者がなりつつあります。
尚、我が家ではマミーは「魔女の指」をワシワシ食べてます。バレンタインにかこつけて買ってきたそうで。オレンジピールやレモンピールをチョコで包んであり、非常に(゚д゚)ウマー ウマウマです。その横で、キャロブチョコをむしゃむしゃ食べているロイでありますが・・・考えると、大人になってから我が家にチョコがあることに気付きました。そう、子供の頃はチョコなんて買ってもらったことないし、欲しいとも思わなかった。芋を蒸かしたやつとか柿を剥いたのが毎日のオヤツで、ケーキは誕生日とクリスマスだけ。何の不自由も感じなかった、非常に経済的なガキでありました。そのお陰なのか、極度のアレルギーもなく(アレルギー性鼻炎は治ってないけど)花粉症ともいまだ無縁。野性的な子育てしてくれた親に感謝・・・・なのかな。
posted by ロイ at 16:39| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

明日も多忙

普段は仕事の谷間でヒマヒマなのに、客先打ち合わせに明日はお出かけ。

明日は雪が降るって言うのに、現地に近いところまで自力で来いと言われました。2通りのルートを提示され「そのどちらでもダメなら各自の携帯に連絡しますから」と言われたが、何て言う無謀さ。携帯忘れんなよ、知らない電話番号でも出ろよ、というお達しでやんす。
寒いのは仕方ないとしても、雪が降る→交通機関がマヒする→動けなくなる、が簡単に予想できるっつーのに前泊じゃないのか!本当は会社で「前泊が原則じゃねぇっすか?」と言いたかったが、そこは契約社員。大人しく黙ってお話を伺っておりました。
一番怖いのは、動いてるからと乗り込んでそのまま缶詰になること、あとは打ち合わせが無事終わったものの強風や積雪で交通機関がマヒしていること。行くに行けない、戻れないってことですよ。現場経験がなくとも、一度でも通勤・通学で痛い目に遭えば分かる話なのに・・・・と明日が非常に憂鬱です。

昨日、頑張らんでもええやないか(自分にあった努力をしよう)と書きました。今日、心臓バクバクが収まったので出勤したけれど、いやぁ自分のキャパ以上のことに臨もうとして周りを巻き込んでいる人がたくさんいました。利益追求、売上アップ、はよろしいことです。が、言いだしっぺが頼りにならなかったり、マネージメントをやるべき人間が現場サイドにいては会社って回らないのではないかと心配になった。
これまた面白いもんで、色んな会社を渡り歩いていると一見「あの人は、設計も現場もバリバリだよ」という人に限って、マネージメント側になってない。設計も現場もバリバリなら、後輩たちの指導もお手の物なはずなんですよ。若いのが育たないと会社は回らないでしょ。でもね、マネージメントや教育に回らない人っていうのは、良く言えば職人気質で現場は現役、悪い言えば人に教えないで自分でやっちゃう人。まぁ、今の時代、その手が多いなぁと感じています。こんなアホでだらしないロイとて、20そこそこの子達を10数人まとめてチームリーダーやったりしてました。でも、そんな時はスケジュールを死守する為、いかに彼らを動かして早く覚えて貰うかに注力しました。そりゃそうでしょう、課せられているのはロイ個人の結果ではなくて、チームでの結果ですから。会社から言われる目標は、無理難題が殆どです。それをこなすには、周りの協力が不可欠です。じゃ、スタンドプレーに徹して「俺は俺の道を行く、仕事も俺の仕事をやる」っていうのは止めにしてほしいと、傍目で観ていて本気でお願いしたいと思いました。

何を言いたいかというと、常に備えはしておけということ。本来なら、明日の打ち合わせも出席者全員が前泊する方が移動が確実でしょう。会社として凄い出費はちょっと・・・というなら、主要なメンバーだけ行かせて「大変申し訳ないのですが、日を改めて打ち合わせをお願いします」と頭を下げるしかない。それもやらずに「行けるなら行こう。行けなかったら戻って仕事しよう」っていうのでいいのかなー??
会社によって社風はかなり異なるけれど、今回ばかりはちょっと賛同しかねるなぁ・・・とお腹で苦笑いしてしまった。以前、官庁の仕事をしていた時に新幹線が遅れた為に30分遅刻した営業がいたけれど、事務所に一歩入るや否や「てめー、営業ならたとえ3〜4時間の移動でも朝一番からの用事なら、自腹切っても前泊だろーが!ふざけんな!二度と来るな!」と所長に怒鳴られていたのを目にした事があります。そう、公共事業は時間にうるさいので、メンバーが遅れたというだけで「んー、ダメ、却下」って言われる恐れがあるのです。たまたま同席したお客が図書も一式揃ってるから構いませんよ、って許してくれたから良かった。
みんな、自腹切るのが嫌なのかなぁ。ロイは常に自腹切ってるんだけど。巡り巡って、自分の為、人の為になるんだけど。それとも、ケチじゃないからお金が貯まんないのかなぁ。
posted by ロイ at 22:18| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

2013年はこれか

今年は年明けから、すんごくきついです。
i787.gif

天下泰平。世の中全部がそうであったなら、みぃんな苦しさがましになるんだろうなぁ。
久方ぶりの心臓バクバク、寝ても起きても心臓が口から飛び出しそうなくらい大変です。(ポポロンくらいの大きさの心臓がバクバクにあわせて口からポッポっと飛び出しそうな感じ)まぁ年も改まったので「じゃ、久しぶりに暴れるか」と思ってるだろとツッコミを入れたくなるくらいに苦しいです。
もう何年この状況と付き合ってるんだろうかと思うけれど、共生する道があるというのが証明されているような生活を送っている自分もいる。これが今真っ只中の人達の励みになればいいなぁと願っています。
がーーー、苦しいもんは苦しい。会社を休んでみたが、一向に収まる気配はなし。通院しているセンセも最近は満員御礼の繁盛ぶりでいきなりは診察は不可(10数年前よりも混んでいるから驚き)、じっとしてられないので出かけてみました。「えー具合悪いのに出かけるのー?元気なんじゃなーい?」というお叱りが飛びそうだが、こればかりは違う。じっとしていると死んでしまいそうなので、歩き回るという最終決断を下したのであります。仕方ないので、自宅近くをウロウロし・・・・収まらないので、苦しい心臓を押さえつつ電車にも乗ってみた。行った先で占い鑑定してもらい、仕事はクビにならないけど給料も上がらないという厳しい結果を頂戴し、そのまま帰宅の途につきました。が、力尽きそうなので近くのマン喫へ飛び込んでます。そう、これはマン喫でアップされているものです。

「こんな滅入る記事、アップすんな」と思われるでしょうが、まぁブログだからご容赦下さい。
最近つくづく思うのは、精神論はもう通用しないだろうなぁということ。「頑張れっ、頑張れば出来る!」っていうヤツね。頑張って結果がすんなり出せる人はセンスがある人、更に血反吐吐いて頑張って結果が出る人は努力の人ってことに気づきました。ロイは「努力の人」で生きてきたのだけど、こう思い出す様に心身が悲鳴を上げていると原因はそこかな・・・と思いついたんですね。血反吐吐いてまで頑張って突破した後、目の前がパーっと開けて一面お花畑か〜っていうことは少なく、また新たな分厚い壁が鎮座していることが多かった気がします。それを乗り越えるかどうかは自身の判断ですが、極力避けずに体当たりしてきたつもり。ですが、オプションで塹壕掘りだのだるま落としだのついてるものもあって、それまで頑張ってきたような気がする。ファーストフードで「こちらセットもございますがいかがですか?」と笑顔で言われたら「いや要りません」と言えるかどうかの状況に似ているかもしれない。今は極貧なので「余計なものは不要です」と店員さんのノルマも無視して答えられますけど、今までは「じゃあ折角ですから」と食い切れもしないのにセットで食べていたのかもしれない。
ただ、勉強は無駄じゃないよ。資格取得を目標にして勉学に励むのはいいこと。合格するかどうかは別次元の話として、自分に知識がつくのは確かだから。目的と目標を定めれば、勉強してムダなしです。それをするかしないかは個人の判断で、誰かがお金払って受けろと指示することは今の時代、ないでしょう。

ちなみに、占いの結果は悪くはないと思います。契約切られずに仕事が出来る、でも給料上がらない。それはどこへ移っても起こる問題だし、口に糊する程度の稼ぎが得られるのはありがたいことですよね。小さなことに感謝出来るような人間でもいたいし。欲張るとロクなことがないのは、舌切り雀でも証明されてますね。
もう少し色つけて欲しいとは思うけれど、貰った分だけ期待されても辛いからいいや・・・と思って。
posted by ロイ at 18:27| Comment(0) | ウツウツウツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

去年の話だが・・・・

これ、どーなったんでしょう。結果が知りたい。
Judas Priest’s Rob Halford Comments on Possible Legal Fight Over Gap T-Shirt
かなりロブは怒っていたようで、訴訟も辞さないとか何とか。一度は裁判にかけられた過去を持つ鋼鉄神にしてみりゃ「裁判怖くて生きてられっか」ってとこなんでしょうかね。
写真は敢えて載せませんが(リンクのニュースを参照)そっくりどころか、まったく同じじゃないの?こんだけのことしたら、ジャケットデザインしたDoug Johnsonからも訴えられるんじゃないのかと思う。もしGAPがあわよくばバレずに売れると踏んだにしてもだ、似過ぎ。バレないわけがない。かっこいいのは、ファンでなくとも認めるところであろうが・・・何故ここでやるのかが分からない。
まぁ、海賊版が出るのは売れてる証拠とは昔から言われていることなので、ジャケットもアルバム内容も素晴らしいと思った人が勝手に作ったと思うのも手かも知れない。ただ、デザインした人の権利はきっちり守って欲しいなぁ。デザインで食っている人の物をタダで使うのは、不法入手したと言われても仕方ないです。
これが話題になって売れるかなぁって思うなら、他のバンドの方が良いのでは・・・・と思わないでもない。

かつて、ロックが妙に流行った時はあちこちでツアーTシャツが並んでましたね。ただ、知らないで買って着た人とそうじゃない人はすぐに分かった。髪型とかそういうんじゃなくて「そのジャケット、着て歩くほどのもんじゃないよね」っていうのがあったワケです。あとは、会場で売っていて他の人達もごっそり買って着てるから敢えて着る人がいない、ということかな。いくら長髪にしていても、どんなに真っ黒な格好していてもだ、反骨心で着て歩くほど日本人ファンの精神力は強くない。所詮は日本社会で生活してる日本人。仕事で渡り歩いた経験上、格好が普通の人ほどマニア度が上がるのですよ。Deep Purpleのマニアから始まり、ロイと話して「久しぶりに聴きたくて大人買いしちゃった」と鋼鉄神の全CDを購入したマニアまでいる。こういう強烈な大人マニアが「買ったよ、GAPのこれ」って笑いながら見せてくれたら、どんなだろう。気持ちと金銭の余裕に差があり過ぎると感じるだけだろうか。
まぁ、何にせよ、使うなら一言断りましょう。今や、日本もコンプライアンス云々うるさいです。人の机の上のホッチキスを借りるにせよ、友達んちでトイレを遣うにしても。「どーぞ」と言われない限り、許可されたとはならないのですね。借りた以上は、責任持って返すのもコンプライアンス。トイレでとんでもないデコレーションを目にしても口外しないのもコンプライアンス。音楽業界も同様になってきているんですねぇ。
posted by ロイ at 18:26| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。