2007年12月19日

年明けから動こうっと♪

また現在仕事中。あ、遊んでいるワケでは・・・(;´∀`)


プラグまた疲れきっているロイです(ヽ´ω`)
月曜に激鬱に襲われて休み、火曜は午前半休して出社。火曜は忘年会があるため、頭数を減らさないようにと休まなかった。が、(;´ρ`) クタクタになって帰宅しました。

今月、天下無双の悪友・玉婆が官報合格を成し遂げた。簿記3級からコツコツと積み上げてきた結果が実ったわけだ。偉いよ、玉婆、凄いよ。それを見届けているクセに、何一つ形になってないロイ。おまけに心労がたたり、激鬱になっているという。気を遣いすぎって言われるが、知らないうちにそうなっちゃうんだってば。
で、せっかく休んだってのに一歩も外へ出られずにいた。そんな時、ふと思った。「もう気を張ってるのも限界かな・・・」今まで仕事仕事仕事に契約契約契約に追われて、自分の事はそっちのけで生活してきた。簿記3級は落ちたが、大阪生活数ヶ月のためにテキストを持って移動、だが毎日徹夜だったので単に荷物が重くなって終わり。
今の派遣先の上司が時折口にするのが「ロイさんも何でもいいから電気の資格を取るといいかも知れないですねぇ。取っ掛かりになるので、仕事もやり易くなるし。」という言葉。これは端から聞くと、良いアドバイスに思えるであろう。違う、この上司が「○○した方がいい」の言葉に含む意味はズバリ「○○をやれ」という事だ。意地悪で言っているのではなく、しないなら別に知らないけど、という選択肢を提示するやり方に過ぎない。その会話を繰り返すうちに、ロイの机の上にその上司のお下がりテキストがだんだんと置かれ始めている。(←荷物置き場になっているとも言う)
電気の仕事の良いところは、高校までの物理・数学をある程度分かっていれば仕事が可能だという点だろう。忘れていても、フレミングの法則や三角関数はなんとなーく言われれば「そうそう、そんなのあったよね」と誰でも頭を過るはず。踏み込みたければ、後は経験と実績がものを言う世界なので、電気の専門的な仕事に従事する道を選べばいい。ただこれが誤解に誤解を生み、電気=とっても単純明快なお仕事と思う人が多いのには閉口してしまうね。だったら、代わりにやってみろ。
んなワケで、簿記3級すら落ちたロイが、今度は電験にチャレンジする羽目になりかけている。ついでだからやけくそで簿記も再度挑戦すっかー?щ(゚д゚щ)と思っていたが、受験月をずらず必要がある事に気がつき、時間差攻撃をする計画を練っているところだ。
簿記といい、電気といい、あまりにも日常生活に密着しているものを勉強するのが専らってなるのって、喜んでいいのか悪いのか。「で、取得して何かあんの?」と聞かれたら最後、答えに詰まりそうだなぁ。趣味っていうには地味だしねぇ、生きていく為の手段というには低いしねぇ・・・ま、自己啓発、まさしく改造計画の再開ってとこかな。


posted by ロイ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。